50代の薄毛ってもう手遅れなの育毛剤では何ともならない?

50代の薄毛はその年齢からもう無理だろう、と諦めがちです。育毛剤を使ってももう手遅れなのでしょうか?もし対策出来るとしたらどうすればいいのでしょうか?
MENU

年代別に育毛剤を選ぶ

頭髪は、古代中国にルーツを持つ漢方医学では血の余りと表現されている様に、
生きるために使用した栄養素の残りの部分により製造されています。

 

このために、頭髪の量により健康状態が左右される様なことはありません。

 

例えば、死後数千年が経過しているミイラの中には頭髪が残っているものもありますが、それらの中には10代で病死したと推測されるものもあります。逆に、俗にハゲと呼ばれる人の中には、90歳を超えるほど長生きするケースも少なくはありません。

 

なお、薄毛は健康との直接的な関係はありませんが、年齢を重ねるにつれて全体に占める割合は高くなります。これは、加齢とは関係しているということで、このような症状は壮年性脱毛症と呼ばれています。思春期以降に徐々に進行するタイプの薄毛で、発症には遺伝が密接に関係しています。

年代別に育毛剤を選ぶ

このタイプの薄毛は、日本人男性の約30パーセントに見られており、20歳代の後半から30歳代に発症するケースが顕著です。

 

そして、年代があがるごとに全体に対しての割合は高くなり、50代になるとほぼ半数となります。ちなみに、50代の薄毛の原因は、壮年性脱毛症だけではなく、代謝の低下なども関係しています。これは、頭髪が成長するために充分な栄養素が供給されないので、細くなってしまいボリュームが不足するという内容です。

 

50代の方が育毛剤を選ぶなら

 

なお、壮年性脱毛症を対象とした育毛剤の代表が、大正製薬が提供しているリアップです。この育毛剤は国内で唯一有効成分ミノキシジルを配合しており、第1類医薬品に指定されています。このミノキシジルは、飲む育毛剤として知られているプロペシアと共に、現在の薄毛治療で主流としての役割を担っている成分です。

 

ただし、これらの成分は効果が高い半面、副作用も高確率で発症します。これは、元々は違う目的で開発されたものであり、実は薄毛を改善するという効果は偶然発見されたにすぎないからです。このために、安全性を重視している人の間では、使用するのが不安という意見も散見されます。

 

ちなみに、それらのプロペシアやミノキシジルを使用するのが怖いという人の間で高く評価されているのは、チャップアップという育毛剤です。

年代別に育毛剤を選ぶ

年代別に育毛剤を選ぶ

プロペシアと似た作用を持つヒオウギエキスやノコギリヤシを配合しており、DHT抑制の効果を期待できます。このチャップアップの利用に加えて、運動、食事を工夫して、代謝を改善するというのが基本的なアプローチとなります。

関連ページ

20代の薄毛対策
20代の薄毛対策はとにかくスピードが大切、ですが経済的に余裕がないのも事実、だからこそ安くて効果を実感でき、かつ副作用の心配がない育毛剤を選びましょう。
30代の薄毛対策
生え際の後退が進行してきた、さらに頭頂部も薄くなってきた、そんな30代の薄毛対策はどうしたらいいのかとお悩みではないですか?そんなあなたに30代の薄毛の対策方法を紹介します。
40代の薄毛対策
40代になると薄毛はかなり進行してくるので諦めてしまいがちですが、諦めたらそこで終わりです。長期継続的に行えるケアを行いましょう。
このページの先頭へ