30代の薄毛対策はどうすればいいの?まだ間に合うの?

生え際の後退が進行してきた、さらに頭頂部も薄くなってきた、そんな30代の薄毛対策はどうしたらいいのかとお悩みではないですか?そんなあなたに30代の薄毛の対策方法を紹介します。
MENU

30代の薄毛対策

20代の時には生え際が気になる程度だったのに、
30代になってきて生え際の後退もより進行してきた、さらに頭頂部も薄くなってきてしまった。

 

そんな30代の薄毛対策はどうしたらいいのかとお悩みの方が多いです。

 

日本に住む成人男性のうち、1200万人が悩んでいる男性の薄毛の悩みが
AGA(男性型脱毛症)です。

30代の薄毛対策

AGAになってしまう原因は、筋肉や骨格を作る男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きで結びつくと、

 

DHTという悪玉ホルモンに変化してしまうのです。

 

このDHTがヘアサイクルの成長期を短くしてしまうことで毛根の成長が止まってしまい、薄毛になってしまうのです。

 

AGAは早めに対策をすることで、進行を止めたり、発毛をすることが期待できます。

 

AGAの対策方法とは?

 

まず、DHTを抑制する薬として、プロペシアがよく知られています。
AGA対策の病院で処方されたり、海外から個人輸入されている薬です。

30代の薄毛対策

しかし、薬ということで副作用もあります。
プロペシアで一番有名な副作用は、性欲減退の副作用です。また、肝機能障害の副作用の報告も出ています。

 

 

薄毛対策も大事ですが、安全で副作用のないものを使いたいですよね。
プロペシアのような薬を使わず、育毛剤でDHTを抑制する成分が入っており、副作用のない安全だとチャップアップが今人気です。

30代の薄毛対策

30代の薄毛対策

さらに、薄毛の原因として、食事の栄養の偏りもあります。
薄毛対策には食事も重要です。多忙な現代の成人の日本人男性は、ファーストフードや外食でどうしても食事が偏ってしまい、髪の毛を作る栄養が不足しがちになってしまいます。
バランスの良い食事をすることで体内に作られるアミノ酸が髪の毛の成分になります。

30代の薄毛対策

3食きっちりとバランスを取れた食事が、強くしっかりとした発毛を促します。
食事でバランスが取れない人は、マルチミネラルやマルチビタミンなどのサプリメントで補うことができますが、サプリメントも毎日飲むとなると大変です。サプリメントは金額も高くついてしまいます。

 

そこで、人気の育毛剤のチャップアップには、
髪の毛を育てる13種類の成分のアミノ酸が含まれています。

 

食事で不足しがちなアミノ酸が入っており、髪や地肌の改善をしてくれます。
また、チャップアップに入っているセンブリエキスは、毛細血管の血流改善作用があり、毛髪に栄養成分を送ることができるので毛髪の成長を助けます。

 

完全に毛髪がなくなる前の30代の薄毛のお悩みは、完全に髪の毛が
無くなる前に早めの対策をしましょう。

 

関連ページ

20代の薄毛対策
20代の薄毛対策はとにかくスピードが大切、ですが経済的に余裕がないのも事実、だからこそ安くて効果を実感でき、かつ副作用の心配がない育毛剤を選びましょう。
40代の薄毛対策
40代になると薄毛はかなり進行してくるので諦めてしまいがちですが、諦めたらそこで終わりです。長期継続的に行えるケアを行いましょう。
50代の薄毛対策
50代の薄毛はその年齢からもう無理だろう、と諦めがちです。育毛剤を使ってももう手遅れなのでしょうか?もし対策出来るとしたらどうすればいいのでしょうか?
このページの先頭へ